途中乗車

いつになったら就職できますか

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成田空港へ行きたいか



「ニューヨークへ行きたいかー!?」


かつて日本テレビで放送された視聴者参加型クイズ番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」で使われたこのフレーズ。
決勝地・ニューヨークへ向かって、日本各地から参加した挑戦者達がクイズをこなしていくという、いわゆる20世紀最大のクイズ番組である。

このフレーズを元に、僕が掲げた「成田空港へ行きたいか」をスローガンに僕の初めての就職活動が始まった。

既にお気づきであろうが、僕が目指したのは航空会社。そしてCA(客室乗務員)。
既卒での応募であるが、人生で初めてのエントリーであり、唯一のエントリーなのだ。
つまりは、第一志望の会社だ。(言い換えるのならば、この会社以外は全く考えていなかったのだ。)

始めはES(エントリーシート)に苦戦をするも、なんとか提出した。
約1ヶ月が経過した時に、書類審査での通過、2次選考へ進める通知を受けた。
就活が初めてというのもあってか、就活に関する情報が全くない僕ではあったが、ESが通過というだけでも凄いというのは分かった。
驚いたけれども、嬉しかった。

ES提出後から行っていた2次選考の英語試験の勉強にも力が入った。
アメリカの大学に通っていたのに、英語の勉強するの?と思われる人もいると思うが、その数少ない得意分野の英語は僕にとって苦手分野でもあるのだ。今まで、何度英語試験で泣かされてきたか。
だからこそ、英語試験でだけは落ちたくなかった。

約1週間後に2次選考(グループディスカッション&英語試験)を終えて、僕は2日後に28回目の誕生日を迎えた。
27歳最後の大勝負は、同じグループになった人達に助けられたこともあったが、自分だけが持ってる意見をしっかりと発言出来たことが合格に繋がったのだと思う。英語試験は案外簡単だった。

数日後に2次選考の結果を見た時は震えあがるほど嬉しかった。
簡単であったとはいえ、ネックであった英語試験をパス出来た上に、GD(グループディスカッション)での評価も頂けたのだからだ。

合格発表から1週間後、僕は3次選考(筆記試験、グループ面接、簡易身体検査)を受験した。

そして3日後の6月1日の合格発表日。
僕は朝6時半からバイト先に出勤していた為、すぐには結果を見れなかったのだが、昼食休憩時に、社員食堂にあるPCで結果を知った。
薄々感じていたものの、不合格だった。
頭が真っ白になった。
何も考えられなかった。

最終選考地「成田空港」へ行くことはできなかったのだ。。。

確かに、全くと言っていい程、対策をしていなかったSPIや、面接試験。
志望理由に至っては凄く曖昧だった気もする。
しかし、ESや適性試験、英語試験やGDを通過出来たと言う事は、CAとしての人間性や適性、資格はある程度認められてたのだと思う。
すると何が足りなかったのか。
それは入社するにあたっての姿勢(企業研究)。
僕はESにも記載した内容を全くアピールできないだけでなく、会社自体もあまり知っていなかったのだと気付かされた。

僕が高校3年生だった時の2004年の9・11のアメリカ同時多発テロ。この惨劇をリアルタイムで見ていて思ったのが、「もし、僕がこの機体に乗っていたら何をしていたのだろう。何ができたのだろう。」ということ。
テロリストによって乗客が恐怖に怯え、おそらく死を覚悟していたのだろう。
そんな時に、そんなテロリストに従わざるを得ないパイロットや乗務員の苦痛な思いを想像した。
夢のような話にはなるが、僕はスーパーサイヤ人にでもなって機体の外へ飛び出し、機体を止めたり空路を変更したりと最悪の事態を回避したいと思った。
僕が乗客でもそうだ。何かしらの目的を持って飛行機へ乗り、色々な思いを乗せた飛行機内で、死に繋がるような不安や恐怖感を味わいたくない。
だからこそ、機内での大満足するようなサービスよりも、保安面に重点を置いたサービスを提供していきたいと思った。
その為には、物理的だけではなく、精神的な安心も提供する為に、お客様との積極的なコミュニケーションをはかり、またそれが満足していただけるサービスに繋がるのだと思った。

正直、最初はCAなんかよりも総合職の方が良くて、でも僕の無駄があり過ぎた学歴のせいで、総合職にはなれないから次の候補として応募したCAだったけれども、もうESを提出した瞬間には、この会社で絶対にCAになりたいって思ってたんだな。
その為の努力をしなかった僕がいけなかったと思うけれど、やっぱりショックはデカイ。
不合格通知をもらってから、ずっと空っぽだ。
就活と仕事で共に忙しかったけれども、それでも大空で働く自分を想像しただけでも楽しかったなぁ。
いろんな国のいろんなお客さんといろんな話したかったなぁ。
何度か試験を受けに行き、社員さん達の人柄、会社の雰囲気を生で感じとったら、余計に好きになってしまったよ。
悔しくて涙が出てくる。

GDで聞かれた「今の目標」。
全く考えもしなかった。大学を卒業してから目的もなしにただ生活費を稼ぐ為に仕事をしていただけの僕には目標なんてなかった。
ただ、この時唯一言えたであろうことは、この会社に入社することが今の目標でもあり、生きがい。
しかし、その先のヴィジョンが無かったんだよね。入社して何がしたいかは漠然としていたんだよね。

明日は成田空港での最終選考日。
僕は行けなくなったけど、一緒にディスカッションしたり面接した受験生には特に頑張って欲しいな。
僕が客として乗ったフライトで逢えたら嬉しいな。


翼はある。
折れた翼がある。
しかし、飛ぼうと思えば飛べる翼だ。
飛べないのは僕の心が弱いから。
落ち込んでいても仕方が無い。
これまで応援や相談に乗ってくれた人達の思いも乗せて、早く飛ばなくちゃいけないんだから。
遅延は許されない。
でも、もう少しだけ落ち込ませてほしい。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京染井温泉「SAKURA」

いきなりですが、ここで戦闘民族サイヤ人の話をしよう。
言わずと知れた鳥山明さんのシリーズ漫画「ドラゴンボール」に登場する、惑星べジータに住む宇宙最強クラスの戦闘種族である。彼らは戦闘民族であるがゆえに青年期が長く、50歳を超えても老化現象がほとんどないのだ。

一方、惑星グンマで育った僕は、昔から多くの温泉地に恵まれ、数え切れないほどの温泉や銭湯に入ってきた、いわば温泉銭湯(略して「温せん湯」)のエリートなのだ!
今月で28歳になる僕だが、未だに20~22歳の大学生ぐらいに見られるのだ。この若さを保てるのも銭湯種族であるからであろう。
人は僕をこう呼称する。

群馬育ちの銭湯民族サイヤ人

と。

戦闘民族サイヤ人は血と戦闘を好む。そして銭湯民族の僕は血(献血回数40回)と銭湯(温泉)を好む。
その為、生まれ故郷・惑星グンマを離れた今でも温泉や銭湯を求めて闘い続けているのである。


あれは記憶にも新しい3・11事件、そう東北関東大震災の日。
僕は異星人(ブログ読者)に売る星(紹介する温泉)を求めて、池袋周辺に繰り出していた。

02_480x.jpg
ピピピピッ!!!!

「ん?北方近くに強い銭湯力!?」
この数値は・・・我が惑星グンマの草津温泉とは異なる種類の銭湯力だったが、とてつもなく強い。
そう、草津温泉が硫酸塩泉ならば、ここは塩化物泉の数値が高いのだ。


すぐさまその温泉に向かった。
img_354383_7073613_0.jpg
東京染井温泉「SAKURA」

img_354383_7073613_1.jpg

img_354383_7073613_2.jpg
入口と受付は和風旅館を思い出させる建物だった。

今後も利用するだろうと思い、受付で会員登録(年会費¥200)を行った。
※事前にWEBから会員登録を行うと、初回にタオルセット(フェイスタオル¥105+バスタオル¥210)が無料。

さらに、この温泉には有料の岩盤浴(25分毎、会員¥840/一般¥1,050。休日は共にプラス¥210)があり、受付で事前申込をするか、あるいは更衣室内にある内線で予約申込が出来る。

img_354383_7073613_3.jpg
浴室内は黒い石板で作られており、高級感がある。
突き当たりのガラスを越えるとサウナがあり、ガラス手前右横には韓国式のあかすり(有料)があり、これは電話で申し込む必要はなく、専門のスタッフがスペース内に常在している。

201103111438241.jpg
そして、これが噂の黄金の湯「大和桜の湯」(男湯Ver.)
露天風呂も含め、男湯と女湯で湯の愛称が違うらしい。
しかし共に共通するこの大浴場の湯は、携帯での撮影で分かりにくいが、実際に入浴すると黄金だと言うのが分かって頂けると思う。
では、実際にこのお湯はしょっぱいのか!?ということを検証するべく、給湯口からお湯が定期的に出るタイミングを見計らって少し舐めてみた。
すると、おっぱ・・・いや、しょっぱい(・ω・;;;)
しょっぱさのレベルで言うと、海水並か。
また、各浴槽にはデジタル掲示板の温度計が設置されており、この屋内浴場は35~37℃前後のぬるま湯になっている為、のぼせずにゆったりとできるのがイイ
ヽ(*・ω・*)ノ

F10604121.jpg
また、僕がお気に入りだったのが、露天風呂にあるシルキーバス。
ここは「朝桜の湯」という愛称がついているが天然温泉ではなく、人工的に細かい泡を無数に作り、それを湯に放っている。
温度は屋内よりやや高めの38℃位だが、皮膚から余分なものを取り除いてくれて、肌本来の絹のようななめらかさを取り戻させてくれる。数々の銭湯を行ってきた僕だが、ここまで肌にいいと感じた湯はそうはなかった。

もう1つの露天風呂も大浴場同様、黄金に輝く湯であり、足元から絶えず湯が湧き出ていて、湯の表面を踊るように微量の湯の花が気持ちよさそうに浮かんでいる(実際の花ではなく湯カスのようなもの)。
香織も・・・・ってかさ、何で香織さんの名前が最初に変換されるんだよ・・・ううっ・・・(´;ω;`) 香りも楽しめた。


そしてその極楽もつかの間、事件は起きた。
僕が屋内にあるジャグジー風呂に入っている時だった。
背中、太もも、足裏、脇腹の四面楚歌を食らった僕・項羽は、四方をジェットバスと言う名の漢陣に囲まれ、何処からともなく故郷・楚の歌を聞きとっていた。そのあまりにもの気持ち良さに自らの負けを悟っていた時、縦と横に大きな揺れも加勢し、最新のジャグジー風呂はなんて凄いのだろうと思っていた時だった。
漢の軍勢を見渡そうと、露天風呂に目をやった時、そこに見たものは私の首を狙っている劉邦ではなく、怒りに奮起し大揺れをした木々、もの凄い勢いで揺れる天井の飾り物だったのだ!

楚の仲間達が来てくれたのか・・・いや、 こ れ は 何 か お か し い !!!

近くにいた入浴者と目が合い、これは間違いなく地震だ、しかも相当の地震だと目で語った。
すぐさま、テレビのあるサウナへ行き、事態を把握したのだった。
そう、これこそが日本最大級の大地震、東北関東大震災だったのだ!!!

そして温泉内のガスが止まり、浴槽内の温度を保つことができないとのことで、僕たちは温泉を出され岐路に立った。


img_354383_7073613_5.jpg

今回の震災での感情を抜きにしてレポートをまとめると、シルキーバスの素晴らしさと、ぬるま湯に尽きます。
上記で説明した通り、これ程、肌を綺麗にしてくれる湯は都内で滅多にないし、何より、ぬるま湯でゆったりと浸かれるのが素晴らしいと思いました。
今度は岩盤浴も試したいです!

銭湯力:★★★★★★★★☆☆(星8つ)
もう1つ星をあげても良かったのですが、震災の影響で岩盤浴や温泉内のレストラン等を試せなかったので、次回に持ち越しということにします。

・住所:東京都豊島区駒込5-4-24 巣鴨駅徒歩10分
・Tel:03-5907-5566
・営業時間:10:00~23:00※22:30受付終了
・年中無休※但しメンテナンスの為に休館有り。
・入浴料:大人1,260円、小人735円

| 温泉 | 21:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友人の結婚式

どうも、日本経済新聞20代読者層、結婚したいブロガーNo.1でお馴染み、嶺上開花(リンシャンカイホウ)です。
え?何情報だって?そもそも日経とか名前出していいのかって?
いいじゃないですか、ただの妄想ですよ、 も う そ う !


先週、友達の結婚式に出席してきました。
高校時代の仲の良い友達なんですが、僕が東京へ出てきてしまったので2年以上会ってなかったんです。
久々に会った彼は、いろんな意味で高校時代より丸くなってましたねw
式が終わって会場を出る頃には僕は女子高生の格好をしてました。

img567970956.jpg


遡ること年が明けた今年の1月上旬。
新郎の彼から電話があり、そこで初めて彼が結婚することを知りました。
驚いたと同時に、凄く嬉しかったです。
そしてそれから1週間経った頃に、僕の家に結婚式の案内状が届いたんです。
その日は遅くに帰ってきたので、封を開けたのは寝る直前だったのですが、案内状と一緒になにやら・・・

「披露宴の余興をお願い申し上げます」

ちょwwwwwwwwwwww

焦りましたよ^^; しかも当日出席できる高校の同期とうまく連絡も取れなかったので、1人で出来る余興を考えなければいけなかったですからねw
しかし、今まで人前で舞台に立つことがいくつかあったのですが・・・

【主な例】
 ・中学時代・文化祭個人ステージ→T.M.Revolution
 ・大学時代・R-1グランプリ予選→コント
 ・大学時代・校内英語スピーチコンテスト→準備ができなかった言い訳を語る※事前タイトル「パーフェクト算数教室」釣りw
 ・大学時代・文化祭個人ステージ→英語での即興劇「ギルガメッシュVSアーサー王」
 ・大学時代・コンピューターの授業プレゼン→音楽のプレゼンで不完全だった為かバグってCPに代わってアカペラで歌う

どれもこれも全く準備しないで(ってかいつも当日まで何やるか悩んでるんですw)中途半端な出来でしたからねwww
そして今回も悩んで悩んだ挙句、前日にAKB48をやろうということに決めて、秋葉原でこの制服を買ってきたんですw

当日は会場入りして挙式があった後、直ぐに披露宴だったので、そこで初めてスタッフの人と話をして進行を知りました。
なんと僕の余興が大トリとかwwww
おかげで食事中も気が気でなかったですよwww

余興の10分前になったら更衣室で着替えたんですが、トリということもあって、制服のままの着席を言われたので、用意していたカツラは被るのを辞めました。
そしていよいよ始まった僕の余興、AKB48の「会いたかった」。
同じくAKB48の「Beginner」で入場してそのまま舞台へ。
完全アウェーの中、緊張しましたね。今世紀最大級ですよwww
舞台に着くと、簡単なスピーチをして、いよいよ本番。
しかし頼んでおいたはずの楽譜スタンドがなかったので、歌詞カードを持って踊ることにしたんですが、動き辛かったので、カードは下に置いて感覚で歌いましたw
いきなりだったので声が出ない上に、2番に入ってるのに1番の歌詞とか、振付もメチャクチャwwwwww
心の中では(三 ┏( ^o^)┛|樹海|)状態でしたよ。。。
これぞいわゆる「あー痛かった」w

式も無事に終わり、2次会、3次会と参加した後、なんと、僕を新郎新婦の社宅に泊めてくれたんです!!!
まだ帰れる時間だったんですけど、しかもこんなおめでたい日にですよ!
彼らの子供がいたってのもあったと思うんですが、それでも申し訳ないというか、本当に感謝です<(_ _)>


次の日も子供を保育園に連れて行った後に、近くの新しく出来たパスタ屋さんで、新郎新婦と一緒に昼食を取りました。


一晩だけでしたが、そんな新郎新婦と過ごして、あー夫婦なんだなぁって感じ、また、そんな彼らとこれからも一生付き合っていきたいなぁって思いました^^
あたたかい!フザけてたのか本気だったのか、お互いに口喧嘩もしてたけど、そこには愛を感じましたね^^ 実に温かい家庭でした!

そして・・・

僕も早く結婚したくなりました(^ω^)

え?相手?

まぁ、それはあれですよ、あの・・・((^(^*(^*^)*^)^))

朋ちゃん待ってます(^*^)
c3b3311c4bfdf471db20-1024.jpg


かわぇぇぇぇぇぇ!!!
次は僕があなたに心のゴールを奪われました!あなたにMFです(^*^)


何はともあれ、結婚おめでとう^^ 凄く楽しかったよ、お幸せにヽ(*・ω・*)ノ
※MF=(マジでホレました)
※どうでもいいと思いますが、僕は朋ちゃんとタメですw

| 未分類 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あんパンの日



またまたお久しぶりです、吉祥寺のフレッシュ総長こと嶺上開花(りんしゃんかいほう)です^^
新ブログになってからというもの、日経新聞読者が選ぶ通勤時間に読んでおきたい情報系ブログを目指しているんですが、いきなり何だよって思ったそこのあたな!


御存じないのですか?

彼女こそ、留年からチャンスをつかみ、光坂高校の坂を駆け上がっている、超時空だんご大家族・渚ちゃんです!!!



冗談はさておき、何故、今更「CLANNAD -クラナド-」のヒロイン・古河渚(ふるかわなぎさ)を取り上げたかと言うと、本日4月4日はあんパンの日だからです!!!

時は1875(明治8)年4月4日、明治天皇が水戸藩の下屋敷を訪れた際、京都の和菓子に代わって純日本製のパンをお出しして、そのときに献上されたのが、八重桜の塩漬けを入れた木村屋の桜あんパンでした。これにより、4月4日はあんパンの日になったらしいです。

本日早朝、コンビニに出勤した際に、店内メールに長々とこのような歴史が綴られていたのです。つまり、あんパンを売れ!という指示だったのです。

そこで思い出したのが、この古河渚ちゃん。
クラナドを御存じだとは思いますが(え!?知らないの?何?どこの惑星出身?それ太陽系?)、ヒロインの渚ちゃんは、あんパンが大好きなのです!
幼少時より病弱で、人見知りも激しく気弱な性格の彼女は「食べたい物の名前(1番はあんパン)」を呼称することで自身を鼓舞する癖があるのです。
そして、ストーリーの第1話の1番最初のセリフ(ナレーションは除く)はこの渚ちゃんの「あんパン!」なんです。
僕もこのアニメ(ゲーム)に出会うまでは、あんパンなんて自主的に買おうとは思いませんでしたよ、メロンパン派でしたからね。
しかし、出逢ってからはよく口にしているものです。
なんたって、シナリオがいい!
ああ、クラナド・・・なんていいストーリーなんだ(´;ω;`)

とまぁ、これまでのちょっとした話だけでも、日経新聞読者がいかにこのブログを愛してやまないかというのは十分伝わったかと思いますが、もう少し続けます。

好きです!!!

ハァ!?いきなり何言い出すんだよ、このキモヲタが!!!

ちゅーん(´・ω・`)

で、本日、あんパンをオススメしてきたんですが、もうね、このコンビニの激務は半端ないんですよ。
時給850円の低賃金に見合わない仕事要求。
季節商品の予約なども取れないと怒られるっていう、なんとも理不尽な店なんですw

そんな中でも、接客は嫌いではないんです。
またまた日経新聞読者が食いつきそうな話題になってしまいますが、「けいおん!」のゲームソフトを当店で予約した小学生位の子供が取りに来た時に「ねぇ、この中で誰が好きなの?澪?やっぱりなぁ、人気あるもんね、お兄さんは唯たんだよ(^*^)」とか、AKBのソフトを予約していく時に「ねぇ、この中で誰がす・・・」とか世間話も嫌いじゃないんです。
今、日経新聞読者から最高に楽しいとの脳内コメントをもらいました\(^o^)/

そんなこんなでまだ続けている訳ですけど、たまにお客さんに恋する時もあるんですよね、これがwww
まぁ、チキンハートの僕はそこから何かアクションを起こすことなんてできませんが、店員と客との恋ってありなんですかねwww
仲良くなろうったって、月に数回来るか来ないかですし、時間も時期も不定期なんで、さらに1番話しやすいレジを担当するのが自分じゃないかもしれないじゃないですか!
うーん、どうなんでしょうw

なんかすみません、日経新聞読者はそんな情報はどうでもよかったですか、さーせん<(_ _)>


とにかく、本日はあんパンの日!

これを機に、何か重い腰を上げよう、勇気を出して頑張ろう!って時に、「あんパン!」と一言叫んで気合いを入れてみたらどうでしょうか。
また違った世界が見えてくるかもしれません。

そうだ、その気になるお客さんに突然「あんパン!」って言えばいいんですね!
なんだ、こんな簡単な方法があったじゃないですか^q^
日経新聞読者のみなさんも、是非お試しください。
日本経済は確実に変わりますよ、顔色もね(^*^)

| 未分類 | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女の子事情

お久しぶりですwwwwww
今年はブログの更新頻度を上げるといいつつも全然書いてませんでしたねwww こんにちは、吉祥寺のトレジャーハンター・嶺上開花(りんしゃんかいほう)です。

いきなりですが、昔話をしたいと思います。

僕が浪人生だった19歳の頃、一人の男(後に世界を股に掛けるイケメンカメラマン)に出会いました。
彼とは予備校の寮で一緒に生活していた仲なのですが、彼と街へ繰り出すと必ずと言っていい程、「あの子可愛くね?」というフレーズを耳にするのでした。
それも5分間に10回という頻度。相槌を打つのも大変でした。
そこで僕が彼に返した言葉が「お前の中ではさ、世の中の9割以上の女の子は可愛いんじゃね?」でした。
とは言うものの、門限20時の寮での生活だった上に、十代最後の年というまさに元気ありまくりの年に缶詰生活では、さすがに溜まものも溜まるでしょう。
しかし当時の僕は、世の中の女の子の1割弱位しか可愛い子はいないと思っていたのでした。


あれから8年以上の時が過ぎ、僕はようやく彼の言っていた事の意味を理解し始めたのです!


女の子可愛い(^ω^)


高校生や大学生の時は、彼女と付き合っている期間は本当に他の女の子なんて興味なかった(特に高校生の時なんて彼女しか見えねーとスラムダンクの三井君が言っているような感覚だった)のです!!!
いや、それは言い過ぎかな。でもあんまり気にしてはいなかったと思います(ってか、そんなに多く付き合ってねーだろーが!たかが数人だろうが!イケメソぶるなテメー!)。

そして、最近やら昔からやら、気になる女の子がいて、よく考えたら、みんな同じ顔してるんですよwww
ああ、僕ってこういうタイプの女の子が好きなんですねw



分かりづらwww

簡単に説明しますと、顔は卵型で、髪は黒茶系ストレート、眉毛は細すぎなく、目は二重の程良い大きさ、唇はかるーく厚めのちょっと口が開いてる感じなんですよねw

分かりづらwww

まぁ、いいじゃないですが、僕のブログなんですからw
昔からリスに似た女の子は好きだったのですが、あまりにもリスに似すぎとかじゃなくどこか小動物系雰囲気を醸し出す顔が好きなんですw


話をすればする程好きになっていく。
そんな最近の嶺上開花のデイリーライフ。

P.S.上記のアバター似の人WANTED!!!
ってか、このアバターじゃ限界があるわなw

またブログ更新します^^

| 未分類 | 23:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。